惣邑・誉小桜 長沼合名会社 羽州誉を使用した惣邑は早摘みを思わせる様なドライな感覚 山形県

惣邑・誉小桜 長沼合名会社
水と緑と花のまち」、山形県長井市。その自然に囲まれた場所で全てが手造りで醸されています。
香りが穏やかで食事との相性が良い酒を造る事、そして単なる食中酒で終わる事無く飲む人の心に響く酒にする事を念頭に醸されています。
『惣邑』(そうむら)とは・・・
長井市には、樹齢千二百年といわれる、国指定天然記念物『久保桜』があります。この地で老桜を守るかのように、手仕事に魅せられ、こだわりを持ち伝統(陶芸、漆工芸、獅子彫り工芸)を守り続ける職人達「手しごと衆・つくりと邑(むら)」がいます。
その「つくりと邑(むら)」の心と、長沼合名会社の当主が代々受け継いできた「惣右衛門」の名をひとつにし、手造りの酒の心を託し、『惣邑』と命名されました。