白老 澤田酒造 職人の熱き心が伝わる 愛知県常滑市の酒

職人の熱き心が伝わる 愛知県常滑市の酒 白老 澤田酒造 愛知県
職人の熱き心が伝わる愛知・常滑の酒
嘉永元年(1848年)創業
初代澤田儀平治が海運の便の良い知多郡西浦郷(現在の常滑市古場町)に酒蔵を築き現在に至ります。明治期には酒質向上の為に醸造試験場を設けお酒の腐造を防ぐ、画期的な酒母(もと)造りである即醸?(現在、ほとんどの酒がこの方法で造られています)を開発するなど品質一筋を貫いてきた蔵元です。
今でも和釜の上に木製の甑(米を蒸す大樽)、麹造りは全量、手間のかかる麹蓋(木製の箱)を使用するなど昔ながらの製法にこだわる文字どおりの手造り蔵です。