麓井の圓(まどか) 生もと造りに拘る麓井酒造 山形県

生もと造りに拘る蔵 麓井 麓井酒造 山形県酒田市
自然の恩恵である鳥海山からの水があったからこそ生まれた蔵。かつて庄内藩主としてこの一帯を治めた酒井家ゆかりの方から「この水で酒屋をやらない手は無い」と強く勧められた事から造り酒屋を興したと伝えられています。
「麓井」とは創業当時、蔵付近の地名を「麓村」と言った事や東北屈指の高さを誇る名山「鳥海山」の麓にある事。そして、創業のきっかけとなった井戸水と酒井家の「井」を掛け、「麓井」と命名されました。良質の水と厳選された原料から生まれる美酒は心に届く味わいです。リスクが多く手間のかかる「生もと造り」に拘る影には「美味しいお酒を醸したい。」という蔵人の情熱からくる気持ちの現れです。
麓井酒造のある八幡町(現、酒田市)は大自然に囲まれた静かな町です。名山「鳥海山」、その伏流水を使い、生もと仕込みで醸されるお酒は当店でもファンの多い1本です。